NISAを徹底解説! 公式HPに掲載されている説明を解説! 平成26年1月から新たに、「NISA(ニーサ)」と呼ばれる少額投資非課税制度がスタートしました。 →庶民の投資に対する敷居を低くした。 通常、株式や投資信託などから得られた配当や譲渡益は所得税や地方税の課税対象(※1)となります。NISAは、毎年100万円を上限とする新規購入分を対象に、その配当や譲渡益を最長5年間、非課税にする制度です。 →とりあえず、はじめの五年間はどうせ利益も出ないし非課税にしてやるよ。まあ100万円までの投資だけど。 なお、NISAはイギリスのISA(アイサ※2)を手本にしており、Nは日本(Nippon)を意味します。 ※1:本来は税率20%適用。 ※2:ISA (Individual Savings Account=個人貯蓄口座)は、1999年(平成11年)よりイギリスで導入された制度。今では、同国民の約4割が利用しており、資産形成や貯蓄の手段として広く定着。