消費者のニーズの変化に合わせて、ブランドのコミュニケーションの仕方も変化してきました。そしてその変化が大きなうねりを生み出しています。